近山コンテスト

近くの山の木(国産材)で建てた住宅コンテストのお知らせ


 近山スクール東京は、毎年、木造住宅を基礎から学ぶ講座を続けて、多くの方に受講していただいています。本講座の応用編として近くの山の木(国産材)でつくる木の家のよさを、より多くの方に知っていただくために、実際どんな家ができているかを公開コンテストで募集し、優秀作を受講者や一般の皆さんにご紹介したいと思います。自薦他薦で奮ってご応募ください。


1.応募対象
最近2年以内に、国産材(ムク材)を使って建てた木造住宅1件。ただし、最終審査では審査員が実際に見ることができる家。


2.応募資格
設計者、工務店、職人、建て主等、どなたでも可。資格は問いません。


3.受付期間
2008年1月10日〜2月10日
受賞発表 2008年2月29日


4.応募に必要な書類
(1) 住宅概要
イ、応募した住宅の名称 (例「○○の家」)
ロ、設計者および施工者の住所、氏名、応募した家の所在地、
ハ、延べ床面積
ニ、工事費 (外構、特殊設備等を除く)
(2) 応募した住宅についての説明文(住宅についての説明文((1)と共にA3用紙に収めてください)
イ、家族構成、年齢
ロ、家についての要望、敷地・予算の条件などについて設計者およびつくり手が留意した点。
ハ、建設のプロセス
 木材の入手先、工法(手刻み、プレカット、伝統的工法、在来木造等)、工期等。
ニ、建て主の評価(喜ばれた点、不満足な点)
(3) 写真(A2用紙1枚に収める)
完成写真:外観1〜2枚(周囲の状況の分かる全景1枚を含む)、内観3〜4枚。
工事写真:上棟直後のもの2〜3枚。
(4) 設計図書
配置図1/200〜1/50、平面図(各階)および立面図(2面以上)の各図1/50、矩形詳細図(1面)1/50〜1/20、伏図(各階)および軸組図(主要な2面以上)の各図1/50、主な仕上げリスト。
※各図ともA2用紙コピー、図面は折りたたみ可です。


5.応募地域
原則として静岡東部から北海道までの東日本。


6.審査委員長
長谷川敬(長谷川敬アトリエ代表・建築家)
  審査委員
植久哲夫(「住宅建築」顧問・元編集長)
大河原章吉(大河原木材株式会社専務取締役、協同組合フォレスト西川理事長)
蟹澤宏剛(芝浦工業大学工学部建築工学科准教授)
黒岩千恵(高等学校教諭)
平山友子(ライター)
山辺豊彦(山辺構造設計事務所代表・構造設計家)


7.賞および賞品
優秀賞 3人
賞品  各5万円相当品


8.発表
主催者および共催者のホームページ、および受賞者への通知によります。
発表・講評会等については追って通知します。


9.応募方法
応募に必要な書類をそろえて、近山スクール東京事務局に郵送してください。
なお、質問、お問い合わせも事務局にお寄せください。


10.応募先
近山スクール東京
〒177-0034 東京都練馬区富士見台3-24-10
TEL 03-5971-2309 FAX 03-5971-2329
http://tokyo.school.chikayama.com
e-mail: Tokyo.school@chikayama.com


11.主催
近山スクール東京
共催 緑の列島ネットワーク


印刷用パンフレット
近山コンテスト (pdf 177KB)


Midori Kitajima