山辺豊彦


山辺豊彦 Toyohiko Yamabe

山辺構造設計事務所 代表
大工塾 事務局

リンク
大工塾

年度 講座名
2009年 わかりやすい木造住宅の構造・初級編
2008年 実験と解析で説く、実務に使える基礎知識
2007年 木構造講座・初級編I、II



自分たちが造っている軸組みの本当の性能を知りたい



14年前、山辺さんは丹呉さんに(無理やり?)誘われ、木構造勉強会を始めました。当時、住宅に使える伝統型の木構造は、美学と勘の域を超えたものは少なく、「自分たちが造っている軸組みの本当の性能を知りたい」と考える大工が丹呉さんの周りに集まり始めた時でもありました。
機運は高まっていた時に阪神の震災が起こったのが1995年です。様々な情報が飛びかうなかで自分たちが”知る”ため、2年後に大工たちと、山辺さん、丹呉さんは実大の壁の水平加力試験を自前で始めました。“実際に造っている仕様で”試験体を造り、数値だけでなく“造る目”で構造性能を知るためにでした。始めると、大工は<目からウロコ>であり、本当は構造屋なんぞ、信用してはいなかっただろう大工たちとの協同作業が始まりました。その構造実験は大工塾に引き継がれ、100体以上の試験データを整理し、公開しました。

木造が解る構造家



木構造を研究している人は少なくありません。なかでも、山辺さんは、実験データに基づいて木構造を平易にしかも正確に語れる構造家として右にでるもののない存在です。

著書に“絵解き・住まいを守る耐震性入門”(風土社刊)があります。


[講師一覧へ戻る]

Midori Kitajima